風俗で性病!?デリヘル・ソープ等の業種別感染率ランキング!検査・治療法も解説

いつの時代になっても、風俗で性病に感染してしまったという話が後を絶ちません
昔に比べて店舗による性病定期検診の導入などもあるようですが、イマイチ普及しきれていないように思えます。

とは言ったものの、危険は承知の上で風俗で遊びたいという殿方も多いのではないでしょうか。

このサイトでは、風俗の業種別やサービス内容から、性病に感染するリスクをまとめています。風俗を利用したいけど性病が怖い・・・という方は、ぜひ参考にして下さい。

一押しの性病検査キット!
さくら検査研究所
さくら検査研究所

風俗店とはどんなお店を指すのか

風俗店とは、性的サービスを提供する性風俗関連特殊営業に分類されたお店のことを呼びます。性風俗関連特殊営業は、以下のように分類されています。

  • 店舗型性風俗特殊営業(ソープランドやファッションヘルスなどが含まれます)
  • 無店舗型性風俗特殊営業(デリヘルなど派遣型のお店になります)
  • 映像配信型性風俗特殊営業(アダルト動画の配信やライブチャットなど)
  • 店舗型電話異性紹介営業(テレクラなど)
  • 無店舗型電話異性紹介営業(店舗を構えないテレクラなど)

分類としては店舗型性風俗特殊営業が一番大きくソープランドファッションヘルスのように、店舗を構えたお店を指します。他にもラブホテルなども含まれ、1号営業、2号営業、3号営業、4号営業、5号営業、6号営業という風に分類されています。

一般的に風俗店というと、店舗型性風俗特殊営業の1号営業、2号営業に含まれるソープランド・ファッションヘルスなどと、無店舗型性風俗特殊営業に含まれるデリバリーヘルス出張エステを呼ぶことがほとんどです。

風俗店とは具体的にどのようなお店があり、どのようなサービスを受けることができるのかを見てみましょう。

風俗店の業種を知ろう

日本国内には、様々な風俗店が存在していますが、代表的な業種は以下の通りです。

  • ソープランド
  • ピンサロ
  • デリバリーヘルス(デリヘル)
  • ファッションヘルス
  • ホテルヘルス(ホテヘル)
  • イメージクラブ(イメクラ)
  • オナニークラブ(オナクラ)
  • 性感エステ
  • 手コキ
  • SMクラブ

さらに、お客が行く店舗型のお店と、女の子が派遣されてくる派遣型のお店の2種類に分かれます。
在籍している女の子のジャンルに応じても、

  • 素人
  • 人妻
  • ギャル
  • メイド
  • 高級

などに分かれますが、基本的にはサービス内容に変わりありません。

風俗店のサービス内容を知ろう

風俗店で受けるサービス内容には以下のものがあります。

業種によってサービス内容が異なり、オプションで様々な追加サービスを受けられる場合もあります。どのサービス内容でも性病に感染するリスクがあります
ソープランドのみ特殊でセックスまでとなっていますが、法的な問題などにより公にはなっていません。

立ちんぼや売春グループもある

先に紹介した業種は法的に認可を受けている業種になりますが、実際には許可を取らずに営業している売春グループなども存在しています。また飲み屋街の路地などで見かける立ちんぼと呼ばれる売春婦などもあります。
こういったお店は摘発の対象となる他、衛生的にも不安が多く性病に感染するリスクも非常に高いと言われています。

風俗店で感染リスクがある性病を知ろう

風俗店で感染する可能性がある性病ですが、どの病気も可能性があります。
その中でも代表的な性病は以下のとおりです。

  • HIV(AIDS)
  • 梅毒
  • 性器クラミジア感染症
  • 淋菌感染症(淋病)
  • 性器ヘルペス
  • 性器カンジダ症
  • 膣トリコモナス症
  • 毛ジラミ症
  • 尖圭コンジローマ
  • サイトメガロウイルス感染症

その他、日本では少ないですが、海外の風俗では以下の様な病気も感染の可能性があります。

  • 軟性下疳
  • 細菌性膣症

性病とは分類が違いますが、肝炎に感染するリスクもあります。

  • A型肝炎
  • B型肝炎
  • C型肝炎

当然のように、これらの病気は何も風俗だから感染するということではなく、プライベートの性行為でも感染する可能性があるものばかりです。
風俗店は、性行為がサービス内容ということで、性病に感染しやすいというイメージが植え付けられているのも事実です。



風俗で性病感染したらすぐに性病検査を受けること

もし、あなたが風俗店に行き何らかの性病に感染した可能性があるなら、すぐに性病検査を受けましょう。なぜなら、性病は進行が進めば進むほど治療しづらくなる他、免疫力が低下し他の病気にもなりやすくなるからです。

性病検査を受ける方法は3種類

性病検査を受ける方法は、以下の3種類あります。

  1. 病院・クリニックでの性病検査
  2. 性病検査キットでの郵送検査
  3. 保健所での性病検査

それぞれメリットとデメリットがありますが、当サイトでは性病検査キットによる郵送検査が一押しです。病院や保健所での検査との違いを簡単に説明します。

性病検査キットで検査するメリット

  • 病院で検査するよりも安い(病院は保険が効かないことが多い)
  • 人にバレる心配がない(匿名検査)
  • 最新機器なので検査精度が高い
  • 自分の好きな時に検査ができる
  • 自宅で検査することができる

性病検査キットで検査するデメリット

  • 4日前後の時間がかかる

保健所での検査は無料なのでそれに越したことはないですが、日付や検査できる病気が決まっていることが多く利用しづらい印象があります。

性病検査キットで陽性が出てしまった場合は、提携医療機関に行けば再診察無しで処方箋を出してもらうことができます。
性病検査キットは非常に使い勝手が良いので、風俗遊びをする人であれば必ず1個は持っておくことをお勧めします。


風俗利用者にオススメの性病検査キット

性病は早期発見するほどしっかりと治療できる病気です。風俗で遊ぶことは性病の危険性も隣り合わせということを理解して、定期的に性病検査をすることが望ましいです。ここでは風俗利用者にオススメの性病検査キットをランキング形式で紹介します。

性病検査キットランキング

  1. さくら検査研究所

    さくら検査研究所

    さくら検査研究所は10年以上に渡り性病の郵送検査を行っている会社です。全国でも1,000店舗以上の風俗店が定期検査で利用しています。単品での検査から10項目以上の検査にも対応していて、特に単項目の検査料金は業界でもトップクラスの安さを誇っています。検査精度にも定評のある信頼性の高い衛生検査所です。

    オススメ度★★★★★
    検査できる性病HIV,梅毒,淋菌,トリコモナス,カンジダ,クラミジア,咽頭淋菌,咽頭クラミジア,B型肝炎,C型肝炎,薬物スクリーニング検査,覚せい剤検査,子宮頸がん
    1項目を検査した時の料金2,160円~
    風俗の基本4項目を検査した時の料金9,500円
    風俗のフル8項目を検査した時の料金16,200円
  2. ふじメディカル


    ふじメディカルの郵送検査キット

    ふじメディカルの特徴は、何と言ってもまとめて検査した時の検査料金が、業界でもトップクラスの安さということです。複数項目をまとめて検査する場合に一押しで、検査にかかる時間も短くいち早く検査結果を知ることができます。負担も少ないので、初めて性病検査をする人に特にオススメできます。

    オススメ度★★★★★
    検査できる性病HIV,梅毒,淋菌,トリコモナス,カンジダ,クラミジア,咽頭淋菌,咽頭クラミジア,B型肝炎,C型肝炎,ピロリ抗原,ヘモグロビン
    1項目を検査した時の料金3,300円~
    風俗の基本4項目を検査した時の料金7,000円
    風俗のフル8項目を検査した時の料金13,000円
  3. STDチェッカー


    STDチェッカー

    STD研究所のSTDチェッカーは、長期に渡って個人の郵送性病検査に対応してきた信頼度の高い検査会社です。公式サイトには多くの口コミが集まっており、利用者の高い満足度が伺えます。検査項目も豊富でプライバシーを考慮したパッケージなど、利用者にとって優しいサービスを提供しているオススメの性病検査キットです。

    オススメ度★★★★
    検査できる性病HIV,梅毒,淋菌,トリコモナス,カンジダ,クラミジア,咽頭淋菌,咽頭クラミジア,B型肝炎,C型肝炎,一般細菌,子宮頸がん
    1項目を検査した時の料金3,240円~
    風俗の基本4項目を検査した時の料金9,936円~
    風俗のフル8項目を検査した時の料金15,930円~