風俗のプレイから見る性病の感染率と危険性!症状・予防法を把握しよう

風俗に行ったら性病に感染したという話は、ネット上でもよく見かけますよね?
自分のまわりでも、そういった人は結構います。

性病は、見た目には異常が出ない病気も多く、相手が性病に感染していることに気づかないままプレイをしてしまい、1週間後~2週間後くらいに症状が出始めるというのがよくあるパターンです。
特に客である男性の方は、普段とは違う相手とシチュエーションにハメを外してしまう人も多く、性病に対するリスクなどを考えない人もたくさんいます。

一時的な高ぶりのせいで、恋人や家族を失ってしまった・・・なんて相談もYahoo!知恵袋などで見かけることがあります。

今日は、風俗に行った時の性病のリスクと、風俗で性病に感染するリスクを下げるための方法について考えてみたいと思います。
前提として書いておくと、まず風俗で性病を100%防ぐ方法はありませんが、選び方や楽しみ方を少し変えるだけで、性病に感染するリスクを大きく下げることはできます。

一押しの性病検査キット!
さくら検査研究所
さくら検査研究所

風俗店で感染リスクのある性病

現代の風俗は、昔からあるソープの他にも、趣味・趣向に合わせたサービスや、可能なプレイが限定されているサービスなど様々です。
業種やサービスごとに、感染する可能性のある性病を調べてみます。

風俗 プレイ・業種別の性病感染リスク

フェラチオ
(ピンサロ、デリヘル、イメクラ、ファッションヘルス、ソープ)
オーラルセックスでのプレイで口と性器の粘膜が接触するため、基本的にほとんどの性病に感染するリスクがあります。コンドームを着用することで感染率を下げることはできます。
素股
(デリヘル、イメクラ、ファッションヘルス、ソープ)
性器同士をこすりつけるため、粘膜の接触が起こるので基本的にほとんどの性病に感染する可能性があります。コンドームの着用で感染確率を下げることができますが、ケジラミなどは防ぐことができません。
手コキ
(デリヘル、イメクラ、ファッションヘルス、手コキ専門店、ソープ)
性器の粘膜同士の接触や、口と性器の接触がないため感染率は低いです。ただし、傷口があると、粘膜に含まれる細菌・ウイルスが傷口から入り込むことで性病に感染する可能性もあります。HIV・エイズB型肝炎が該当します。コンドームを着用すれば、感染確率はかなり下がります。
セックス
(ソープ)
コンドームを着用しなかった場合、すべての性病で感染リスクがあります。コンドームの着用で感染確率を下げることができますが、ケジラミなどは防ぐことができません。

風俗での性病感染を防ぐために守りたい3つのこと

プレイの際はコンドームを着用する

当然のことながら、コンドームを着用することで、性病に感染するリスクを大幅に下げることができます。
プレイを楽しむという観点からすると、物足りなくなってしまうことは否めません。
ただ、性病に感染してしまうリスクを考えた上で、自分で正しい選択をしなければいけません。

定期的に性病検査をしているお店を利用する

多くのお店が、自分たちのお店は性病検査を定期的に行っていますと謳っていますが、ちゃんとやっているお店は一握りです。
しっかりと行っているお店は、ホームページ上にどこの性病検査を利用しているかキチンと載っており、検査結果が表示されているお店もあります。
過去の検査結果のため100%信頼できるわけではありませんが、しっかりしているお店を選ぶという観点では基準となります。

女の子のリスク管理を見極める

ピンサロなどでは、おしぼりで性器を拭いてのプレイとなるため、衛生面から非常に危険性が高いと言われています。
デリヘルやファッションヘルスでは、プレイ前にシャワーを浴びますが、その際にグリンスと呼ばれる消毒剤を使っていたりイソジンでのうがいを徹底している女性のほうが、衛生面でも信頼がもてます。
また、自ら本番を薦めてきたり、コンドーム未着用でのセックスに抵抗のない女性などは、他のお客さんにも同様のサービスをしている可能性が高く非常に危険です。
仮に誘われたとしても、欲望に流されないようにしましょう。

風俗を安全に楽しみたいなら自ら予防する意識を持つこと

家庭を持っていたり恋人がいても、風俗をやめられない人はたくさんいると聞きます。
性病になってしまうだけで、それらの楽しい生活が一瞬で変わってしまう可能性もあります。
同時に自分や大切な人を傷つけてしまうこともあります。
風俗を利用する際は、正しい楽しみ方を心がけて性病に感染しないようにしましょう。

風俗利用者にオススメの性病検査キット

性病は早期発見するほどしっかりと治療できる病気です。風俗で遊ぶことは性病の危険性も隣り合わせということを理解して、定期的に性病検査をすることが望ましいです。ここでは風俗利用者にオススメの性病検査キットをランキング形式で紹介します。

性病検査キットランキング

  1. さくら検査研究所

    さくら検査研究所

    さくら検査研究所は10年以上に渡り性病の郵送検査を行っている会社です。全国でも1,000店舗以上の風俗店が定期検査で利用しています。単品での検査から10項目以上の検査にも対応していて、特に単項目の検査料金は業界でもトップクラスの安さを誇っています。検査精度にも定評のある信頼性の高い衛生検査所です。

    オススメ度★★★★★
    検査できる性病HIV,梅毒,淋菌,トリコモナス,カンジダ,クラミジア,咽頭淋菌,咽頭クラミジア,B型肝炎,C型肝炎,薬物スクリーニング検査,覚せい剤検査,子宮頸がん
    1項目を検査した時の料金2,160円~
    風俗の基本4項目を検査した時の料金9,500円
    風俗のフル8項目を検査した時の料金16,200円
  2. ふじメディカル


    ふじメディカルの郵送検査キット

    ふじメディカルの特徴は、何と言ってもまとめて検査した時の検査料金が、業界でもトップクラスの安さということです。複数項目をまとめて検査する場合に一押しで、検査にかかる時間も短くいち早く検査結果を知ることができます。負担も少ないので、初めて性病検査をする人に特にオススメできます。

    オススメ度★★★★★
    検査できる性病HIV,梅毒,淋菌,トリコモナス,カンジダ,クラミジア,咽頭淋菌,咽頭クラミジア,B型肝炎,C型肝炎,ピロリ抗原,ヘモグロビン
    1項目を検査した時の料金3,300円~
    風俗の基本4項目を検査した時の料金7,000円
    風俗のフル8項目を検査した時の料金13,000円
  3. STDチェッカー


    STDチェッカー

    STD研究所のSTDチェッカーは、長期に渡って個人の郵送性病検査に対応してきた信頼度の高い検査会社です。公式サイトには多くの口コミが集まっており、利用者の高い満足度が伺えます。検査項目も豊富でプライバシーを考慮したパッケージなど、利用者にとって優しいサービスを提供しているオススメの性病検査キットです。

    オススメ度★★★★
    検査できる性病HIV,梅毒,淋菌,トリコモナス,カンジダ,クラミジア,咽頭淋菌,咽頭クラミジア,B型肝炎,C型肝炎,一般細菌,子宮頸がん
    1項目を検査した時の料金3,240円~
    風俗の基本4項目を検査した時の料金9,936円~
    風俗のフル8項目を検査した時の料金15,930円~

ページの先頭へ