性病ニュース

最近こんなニュースがでていました。

「風俗店に出入り」でピンと来た!…謎の視力低下、梅毒が原因

原因不明の両眼視神経炎で受診した50歳代の男性。
画像検査や、血液検査でも原因はつかめませんでした。
視力はどんどん低下し、次第に視神経は白く萎縮しました。
1年近く経過したころ、その患者さんが風俗店に出入りしていたことが、ひょんな会話の中で出てきました。
そこで、「ひょっとして」と思い至って、梅毒の血液検査をしてみますと、当たりでした。

 抗菌剤を使った駆梅療法を継続的に長期に行い、ステロイド療法も試しましたが、結局重度の視覚障害者になってしまいました。

参照元:ヨミドクター(https://headlines.yahoo.co.jp/list/?m=yomidr)

そうです。

梅毒に感染していたことが原因で視力がかなり低下してしまったということなんです。

この例に出てきている人は、風俗通いをしていたということで、風俗で梅毒に感染してしまったんですね。

残念ながら原因の解明が遅れてしまったために、障害が残ってしまったのですが、まさか性病が原因で視力まで落ちるなんて思いもしませんよね。

でも、そういう事実をわかっていれば万が一あなたが視力に異常を感じた時に、自分から医師に可能性を話すことができますよね。

まず認識しておいてほしいのが、性病はあなたの身体全身に悪影響を及ぼす可能性があるということです。

原因を見誤って、間違った対策をしても治らないのは当たり前ですし、手遅れになる前に正しい原因をはっきりさせる必要があります。

もしかして!?と思ったら可能性をつぶすためにも、性病検査キットで確認してみる事も大事です。