性病の体験談

カンジダは怖い!陰部の異常な痒みで気づいたカンジダ症の体験談

性行為以外でも感染するカンジダ膣炎

カンジタ膣炎はいわゆる性病とは違い、セックス以外でも感染します。
女性に多い病気で、多くの方が無症状で気付かないうちに感染しています。

気づいたきっかけは異常な痒み

私も人ごとのようで特に気にした事もなかったのですが、一度自分の身に起きると、とても怖い病気だと分かりました。
私が異常に気付いたのは、陰部の異常なかゆみからです。

とにかく痒くて痒くて、一日に何度もシャワーを浴びて洗っても、すぐに痒くなるんです。
痒すぎて外出も出来ないほどでした。

ヨーグルト状のオリモノが増加・・・

かゆみから始まり、今度はおりものの異常が見られました。
ヨーグルトっぽい、白いカスのようなものがたくさん出るのです。

これは異常だ!とすぐに思い、すぐに婦人科に行きました。

初めてのカンジダと感染経路

病名は「カンジタ膣炎」との事。

え?性病?とショックを受けましたが、これはセックスで感染するいわゆる性病とは体質が違い、自分の体内にある常在菌で発症する病気と聞き安心しました。

カンジダの治療と回復まで

病院では、膣の洗浄をし、1週間効果があるという膣錠を入れてもらいました。
また、かゆみどめの塗布剤と痛み止めの内服を貰いました。

強いかゆみは2日ほどで落ち着きました。
カンジタは抵抗力が落ちている時になりやすいそうです。

確かに、最近は風邪が2カ月近くも治っては再発しを繰り返し,咳がなかなか止まらずに長い事薬を飲んでいました。
再発のリスクが高い病気だそうなので、これからは抵抗力を高める事と早期発見・早期治療を心がけようと思います。

特に女性は性病から不妊症や子宮がんになる事もあるので、常に気をつけたいですね。
[cc id=1531 title="さくら検査研究所"]

-性病の体験談
-

Copyright© 性病STDナビ|初期症状や確認方法などに役立つ総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.