性病の体験談

年上の幼馴染のお兄ちゃんに性病を移されました

3つ上の幼馴染のお兄ちゃん

隣に住んでいる5つ上の社会人のお兄ちゃんは、昔から幼馴染でもあり憧れの存在でもあり、私はお兄ちゃんのことが大好きでした。
大学に合格した春にお兄ちゃんが合格祝いをくれると言ってくれました。

彼女になる前に大人になった

私はお兄ちゃんの彼女になりたいと言いました。しかし、かっこよく彼女もいた幼馴染のお兄ちゃんは、私のことを幼馴染の女の子としか見ておらず、妹のような存在と言われてしまいました。

私はなんとか女としてみてもらいたくて、お兄ちゃんの部屋におしかけ、そのまま押し倒してしまいました。
初めてでしたが、最後までしてしまいました。

違和感を感じて母に相談

それから1週間ほどたったあるひ、オリモノ黄色くなり量も増えたような気がしました。
数日たっても治らないため、母に相談し病院へ行くことになりました。

母と聞いた性病の結果

産婦人科にいくと検査をされました。
性病と思ってない私は、なにか悪い病気ではないかと心配でした。

検査の結果はクラミジアでした。先生に説明されるまで性病と思っておらず、母と検査結果を聞いてしまいました。

家族を巻き込んでのいざこざ

帰宅すると母から、誰としたのか。誰から移されたのかしつこく聞かれ、とうとう幼馴染のお兄ちゃんとしたことを白状しました。
母はそのまま幼馴染のお兄ちゃんの家に行き、娘が性病に感染したことを伝え、責任を取れと迫りましたが、

幼馴染のお兄ちゃんが私から襲われたと言ってしまい、お互いの家族を巻き込んで大喧嘩になってしまいました。
性病の治療はすぐに終りましたが、感染源が幼馴染のお兄ちゃんだったこともあり治療費が支払われました。

しかし、性病をキッカケに幼馴染のお兄ちゃんと逢う事もできなくなり、なぜ性病と疑わずに母と一緒に病院にいってしまったのか悔やまれます。
[cc id=1531 title="さくら検査研究所"]

-性病の体験談
-

Copyright© 性病STDナビ|初期症状や確認方法などに役立つ総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.