性病の体験談

W不倫。そして不倫相手の夫もまた不倫で性病の感染源が特定できない状況に

W不倫。そして不倫相手の夫もまた不倫で性病の感染源が特定できない状況に

残業帰りに一緒にご飯を食べにいく関係

会社の同僚であり同じ課の女性Aさんは、同期であり仲がよく仕事帰りによく二人でご飯を食べにいきました。
お互い既婚者ではありましたが子供がおらず、ある程度時間は自由だったと思います。

一緒にいる時間が妻より長い相手

仕事の帰りに飲みに行くと仕事の愚痴から始まり、最後には必ずお互いの夫婦間の愚痴になりました。
そんな日が続いたある金曜日、週末ということもありお酒がお互いに進みました。
話も盛り上がり、気がつくと終電が終ってしまいました。そのままタクシーを拾うこともなく、フラフラと二人で街を歩きました。

今考えると、お互い意識していたんだと思います。そのまま自然とラブホテルへ入りました。
お互い既婚者のため、挿入時にはしっかりと避妊はしました。

半年ほど続いた関係

月に1度ぐらいのペースで不倫相手の彼女と関係は続いていました。

しかし半年ほどあったある日、性器にブツブツができました。すぐに性病とわかり検査に行きました。
検査の結果、ヘルペスだと判明しました。

不倫相手とは避妊はしっかりしておりましたが、妻とは2ヶ月ほど夜の生活がなかったため、すぐに不倫相手の同僚から移ったものだとわかりました。

同僚も同様にヘルペスの症状がでており、私を疑いましたが私は同僚以外と関係がなかったことを説明しました。

不倫相手の夫も不倫

同僚が夫を問い詰めたところ、その夫も不倫していることが発覚しました。
どうやら、不倫相手の女性の夫もまた性病の被害者だったようです。

全員が性病治療、そして不倫を止めることに

結局、私と同僚の不倫は会社や妻にはばれませんでしたが、今回の性病騒動をきっかけに関係を清算することになりました。
しっかり避妊をしていても、オーラルセックルで移るのであまり意味がなかったみたいです。

ヘルペスは再発しやすいとのことですが、いつも顔を合わせる同じ会社の不倫相手と性病、どちらもいつ再発するのがヒヤヒヤしています。
[cc id=1531 title="さくら検査研究所"]

-性病の体験談
-

Copyright© 性病STDナビ|初期症状や確認方法などに役立つ総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.