性病コラム

性病だと色が変わるコンドームを開発!ロンドンの中学生グループ

先月末くらいに、ロンドンに住む中学生グループが、性病だと色が変わるコンドームを開発したとニュースになっていました。

ロンドンのアイザック・ニュートンアカデミーに通う中学生のグループが、性病の原因となるウィルスなどを感知して蛍光を発するコンドームのコンセプトを発表しました。このコンドームは性病の種類によって病原菌やウィルスを検知し、病気の種類に応じて異なる色に変色します。
 
「S.T.EYE」と名付けられたこのコンドームは、アイザック・ニュートンアカデミーの Muaz Nawaz(13)、 Daanyaal Ali(14)、Chirag Shah(14)の3名が考案したもの。英国で開催された11~18歳の中高生が対象の技術開発イベントTeenTech Awards の Health 部門で最優秀賞を受賞しました。

このコンドームのしくみは、性病(STI)の病原となるウィルスや細菌に接すると変色発光する物質をコンドーム内部に塗布するというもの。クラミジアなら緑、ヘルペスは黄色、、尖圭コンジローマは紫、梅毒は青といった具合に変を変え、蛍光を発するとしています。

非常に素晴らしい発想で、このコンドームが実際に流注されるようになれば、非常に有効だと考えられます。
ただし、性病が蔓延する背景には、コンドーム不使用でのセックスが非常に多いことがわかっており、そういった人たちには効果は期待できません。

根本的な解決にはならないかもしれませんが、このように普段身に付けるようなもので性病かを判断できるようになれば、確実に性病に対する認知が広がると思うので、どんどん新しいアイディアが出てくるとよいですね。

[出典]性病で変色発光するコンドーム、中学生が考案。Teen Tech 最優秀賞獲得

[cc id=1531 title="さくら検査研究所"]

-性病コラム
-

Copyright© 性病STDナビ|初期症状や確認方法などに役立つ総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.