性病の感染経路と原因

性病の感染経路と原因

性病の感染経路

性病の感染ルートの大半は性行為

性病・性感染症の名前の通り、感染経路として一番多いのは性行為です。
この「性行為」という表現の中には、セックスのみではなく、口を使う口腔性交(フェラチオ、クンニリングス、リミング等のオーラルセックス)や肛門を使う肛門性交(アナルセックス)も含まれてます。
性病の種類によっては、コンドームの着用で防げるものもありますが、ケジラミのように性器周辺の毛が触れ合うことで感染してしまう場合もあります。
性病は、原因菌や原因ウイルスが性器の粘膜や分泌液に含まれていることがほとんどで、性行為を行うことで広がります。

オーラルセックス(口腔性交)でも感染する可能性あり

性病というとセックス(膣内性交)でしか感染しないと思われがちですが、性器クラミジア感染症淋病のように口腔内に細菌やウイルスが潜んでいる場合もあります。
風俗などがよく例に挙げられますが、オーラルセックスでも感染する可能性はあるため、信頼のおける相手と行うことが望ましいです。

不特定多数の人とセックスを行うのは非常に危険

性器クラミジア感染症に限定すれば、日本国内でも100万人以上の感染者がいると推測されています。
120人に1人の確率ですが、老人や子供を除けばさらに確率は高まります。
このような時代の中で、不特定多数の人とセックスを行うことは非常に危険で、さらにコンドームを着用しない場合は男女とも感染の危険性が高まります。
また、特定のパートナーとしか性行為を行っていなくても、そのパートナーが不特定多数の人と性行為を行っていれば、当然のように危険です。

お風呂やタオル等の共用物で性病に感染する場合も

基本的に性病の原因となる細菌やウイルスは、宿主から離れるとすぐに死んでしまう場合が多いのですが、ケジラミトリコモナスのようにタオルなどを介して感染する場合もあります。
ケジラミの場合は、お風呂などでも感染する場合があるので感染が広がりやすい性病と言えます。

傷口や血も性病の感染ルート

昔は輸血や血液製剤などで感染が広がったケースも

HIV梅毒は血液で感染する可能性が高く、昔は輸血や血液製剤で感染が広がったことがありました。
現代医療では、血液はきちんと検査されてから活用されるため、こういったリスクはほとんどないと言えます。

傷口から感染する性病も多い

傷口から感染する性病も多く、梅毒などはアナルセックスが原因で感染が広まっています。
ゲイの梅毒感染者が増えていることには、こういった原因があると考えられます。

注射針の使い回しは非常に危険

未だに減らないドラッグや違法薬物の服用に使われる注射針でも、HIVの感染が広まっています。
同様にタトゥーや刺青を入れるときに、針を使いまわすことで感染したケースも報告されています。

体調不良で性感染症を発症する場合も

性病・性感染症の原因には体内に常在している常在菌が原因となる場合もあり、体調不良などで体の免疫力が低下した際に発症する性感染症もあります。
中には完治することが難しく、体調を崩した時に再発するケースも少なくありません。

性病感染の原因菌・ウイルスのいる場所・部位


精液・膣分泌液外陰部口腔・のど血液唾液
HIV・AIDS(エイズ)
クラミジア
淋病(淋菌感染症)
性器ヘルペス
性器カンジダ症
膣トリコモナス症
梅毒
ケジラミ症
尖圭コンジローマ

性病の感染原因

コンドーム未着用のセックス

双方が特定のパートナーとしか性行為をしていなければリスクはかなり低いですが、不特定多数の人とセックスをしていた場合は性病感染の原因となりえます。
また、感染原因を特定することも難しくなり、感染を広げてしまう要因となります。
正しい知識と性病感染のリスクを理解し、不用意なセックスは避けるようにしましょう。

風俗産業も感染拡大の原因

不特定多数の人とオーラルセックスを行う風俗店も、性病が広まる要因の一つと考えられています。
男性の風俗通いも同様で、自ら性病にかかるリスクを高めていると言えるでしょう。

未成年者の性行為

正しい知識や責任を考えない、若い世代の性行為も性病感染を拡大させている原因の一つと言えます。
援助交際なども同様に要因となっています。
[cc id=1531 title="さくら検査研究所"]


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 性病STDナビ|初期症状や確認方法などに役立つ総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.