性病コラム

理化学研究所がエイズウイルスの細胞間感染の新たなメカニズムを解明!新薬の開発に兆し

理化学研究所の統合生命医科学研究センター粘膜システム研究グループと、環境資源科学研究センター ケミカルバイオロジー研究グループ、熊本大学エイズ学研究センター・国際先端医学研究拠点施設(鈴プロジェクト研究室)による共同グループが、AIDSの原因ウイルスであるHIV-1が感染を広げる際の新たなメカニズムを解明したと、理化学研究所のプレスリリースで発表されました。

HIV-1がTNTの形成を促進することでTNTを介した細胞間感染の効率を上げていること、さらにTNTの形成を抑制する化合物によりHIV-1の細胞間感染が約半分に抑えられることを発見しました。

HIVウイルスに関しては感染経路については知られていましたが、実際にどのように感染を広げているかは明らかになっていませんでした。今回の発見は、新薬の開発などにも大きな影響を与える発表かもしれません。

TNTの形成を抑制する化合物を応用することで、これまでの薬剤とは異なる作用メカニズムに基づく新たな抗エイズ薬の開発が期待できます。

ただし、まだ分子レベルでのメカニズムの解明には至っていないそうで、今後の新たな課題となっているようです。研究者の皆様による、解明と治療薬の開発等に期待しています。

[cc id=1531 title="さくらbnr+txt"]

-性病コラム
-

Copyright© 性病STDナビ|初期症状や確認方法などに役立つ総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.