性病コラム

性病は自然治癒する?しない?クラミジアや淋病が勝手に治った話は本当なの?

性病が自然治癒したという話

個人のブログやTwitterなどを見ていると、たまに『性病になったけど、放置していたら勝手に治ったよ!』というような書き込みを見ることがあります。これって本当なのでしょうか?

性病は、一般的に自然治癒するすることは無いと、様々なお医者さんが本やサイトなどで語っています。
色々と見てみましたが、確かにそれなりの地位のある人達で、性病が自然治癒すると語っている人はいませんでした。

アメリカでクラミジアの自然治癒の報告が

一つだけ興味深い話を見かけたのが、アメリカのあるレポートで、クラミジア患者の一部が自然治癒したそう。英語なので詳しくはわかりませんでしたが、事実であれば新しい発見になると思います。

ただし、クラミジアは感染力が非常に高く、日本国内にも100万人以上の感染者がいると言われていることと、抗生物質で割りと早めに治ることを考えると、自然治癒を期待するのは少し野暮な話かもしれません。

自然治癒したように見える性病

性病は潜伏する習性があり、カンジダやヘルペスのように一度治ったように見えて、体調不良などの免疫力が低下した時に再発する病気もあります。
軽い症状の場合は自然と収まる場合もあるらしく、こういった時に自然治癒したという表現がされるのかもしれません。実際のところは、潜伏感染という完治していない状態になります。

段階を踏んで進行する性病

性病には、梅毒のように段階を踏んで症状が進行していく病気があります。感染からの期間を元に、第一期梅毒、第二期梅毒、第三期梅毒、第四期梅毒という風に分類され、それぞれ症状が異なるほか、一度収まったように見える期間をはさみます。
実際は目に見える症状なので、気づかないということはないと思いますが、初期で軽い症状だったりすると、治ったように見えるケースもあるかもしれませんが、確実に体を蝕んでいます。

結局のところ、性病は自然治癒するの?

色々と例を紹介しましたが、当サイトとしての結論としては、性病は自然治癒しないものと考えています。

クラミジアなどの弱い病原菌(ウイルス)の場合、風邪を引いた時などに飲む抗生物質で、一緒に治ってしまうこともあるそうです。そういったケースを除けば、ほとんど自然治癒はありえないと思います。

また、自然治癒を期待することよりも、病気を放置して症状が進行し、治療するために多大な時間と費用がかかってしまうリスクのほうが危険と考えます。
例:クラミジアを放置すると性器のみでなく、男性であれば精巣、女性であれば子宮まで病魔が進行します。

自分の体も大事ですし、大切なパートナーや産まれてくる子どもたちのことを考えれば、もし性病にかかったならば早急に治療を行い完治させることが当然のことだと思います。

[cc id=1531 title="さくら検査研究所"]

-性病コラム
-, , , , ,

Copyright© 性病STDナビ|初期症状や確認方法などに役立つ総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.