性器カンジダ症の症状や感染経路と検査・治療方法

candidiasis

性器カンジダ症とは?

性器カンジダ症とは、性器にカンジダの真菌が感染することでかかる感染症です。
男性は症状が出にくく、逆に女性はもともとカンジダ菌を持っているケースも多く非常にかかりやすい病気と言えます。
女性が発症した場合は、膣カンジダ症やカンジダ腟炎などと呼ばれます。

カンジダ菌は体内の常在菌の一つで、本来は免疫により過度の繁殖が防がれていますが、体調を崩したりして免疫力が下がると発症しやすくなります。

性器カンジダ症の症状

主に痒みが代表的な症状となりますが、場合によっては炎症を起こし、性行為の際に痛みを感じたりもします。
女性の場合は、オリモノの増加や白く濁ったりします。

性別男性女性
主な症状自覚症状は出にくいが、包茎の場合は症状が出やすくなる。主に痒みや炎症などが起こる。性器や外陰部に痒み、オリモノの増加、オリモノがドロッとした白濁した状態になる。性行為の際に痛みを感じたり、炎症を起こしたりする。
潜伏期間1日~1週間1日~1週間

男性の性器カンジダ症の症状

性器に痒みや炎症を起こしたりします。
ただし、男性の場合は自覚症状はほとんど出ませんが、包茎の人だとカンジダの菌が繁殖しやすく、通常よりも発症しやすくなります。

女性の性器カンジダ症の症状

性器や外陰部に痒みや炎症が起こります。
オリモノが増加したり、白く濁りドロッとした状態(酒かす、粥、ヨーグルト、カッテージチーズ等に例えられる)になります。
性行為の際に痛みを感じる場合もあり、女性の場合は多様な症状が発生します。

性器カンジダ症の症状を写真で見る

性器カンジダ症の写真・画像はこちら

性器カンジダ症の感染経路

性行為による感染が多いですが、そもそもカンジダ菌は体内に常在している菌の一つで、体調を崩すなどして免疫力が下がると過度に繁殖するため、症状を発したり日和見感染を起こしたりします。

    性器カンジダ症の主な感染経路

  • セックス(膣内性交)による感染
  • オーラルセックス(口腔性交)による感染
  • 常在菌による発症
  • 出産時の母子感染

特徴として、常在菌としても存在しているため、性行為未経験者も発症するケースがあります。

性器カンジダ症の検査方法

主に、感染部位の細胞を綿棒などで採取して検査を行います。
カップルの場合は、ペアで検査を行うことが望ましいです。
病院での検査は、設備により検査精度が異なりますが、性病検査キットの検査所は最新機器を導入していることが多く、より高い精度の検査を行うことができます。
病院の場合は、結果がでてすぐに処方箋を出してもらうこともできるので、自覚症状が激しい場合は病院で検査を行い、心配な程度であれば性病検査キットのほうが人に合う心配もないためオススメできます。
性病検査キットの一覧を見る

性器カンジダ症の治療方法

  • 膣座薬の服用
  • 坑真菌軟膏の塗布
  • 膣洗浄
  • 錠剤の内服治療

一般的には坑真菌軟膏を塗布する場合が多いです。
小林製薬のフェミニーナのように、市販薬の錠剤を服用しても治療可能です。

代表的な薬

  • フェミニーナ 膣カンジダ錠
  • ダイフルカン
  • テルビナフィン

[cc id=1531 title="さくら検査研究所"]


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 性病STDナビ|初期症状や確認方法などに役立つ総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.