子宮頸がんの症状/感染経路/検査/治療方法

子宮頸がん とは?

子宮頸がんは、子宮の入り口である子宮頸部にできる癌を言います。昔は40代から50代の女性に多い病気でしたが、最近では20代~30代の女性の患者も増えてきました。子宮の上部にできる子宮体がんと比較すると、入口部分にできることから比較的見つかりやすい癌です。また、早期発見できれば治療がしやすく回復しやすいのですが、進行が進むと他の癌と同様に治療が難しくなってしまいます。そのため、早期に発見できるかが非常に重要となっています。

子宮頸がん の症状

子宮頸がんは、初期状態ではほとんど症状がありません。進行がすすむと、下記のような症状が現れます。

  • 不正性器出血(月経とは異なる出血)
  • オリモノの増加
  • 下腹部の痛み
  • 股関節の痛み
  • 血尿
  • 血便
  • 排尿障害

子宮頸がん の感染経路

子宮頸がん の検査方法

性病検査キットの一覧を見る

子宮頸がん の治療方法

[cc id=1531 title="さくら検査研究所"]


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 性病STDナビ|初期症状や確認方法などに役立つ総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.