細菌性膣症(細菌性膣炎)の症状/感染経路/検査/治療方法

Gardnerella

細菌性膣症(細菌性膣炎)とは?

細菌性膣炎とは、膣内に存在している常在菌の一部が異常増殖することにより発症する病気です。
非特異性膣炎とも呼ばれ、膣内からさらに奥へも感染が広がることもあり、膣以外にも感染するものも踏まえて細菌性膣炎と呼ばれています。

妊婦が発症した場合は、早産や流産の危険性が高まると言われているほか、分娩後の感染症の原因になることもわかっています。
子宮内まで感染が広がると、絨毛羊膜炎(乳児を包んでいる羊膜の炎症)、絨毛炎(胎盤の炎症)、羊膜炎、索条炎などを引き起こします。

妊娠16週以内の場合・・・早産の危険性が5.5倍
妊娠24~37週の場合・・・早産の危険性が2.8倍

細菌性膣症(細菌性膣炎)の症状

性別男性女性
主な症状オリモノの増加、オリモノの悪臭、痒み
潜伏期間

男性の細菌性膣症(細菌性膣炎)の症状

女性器の病気なので男性が発症することはありません。

女性の細菌性膣症(細菌性膣炎)の症状

オリモノの量が増えたり、魚臭帯下と言われるような悪臭が発生します。
まれに痒みなども発生するほか、妊婦の場合だと早産や流産の危険性を高める絨毛膜羊膜炎にもかかりやすくなると言われています。

細菌性膣症(細菌性膣炎)の感染経路

細菌による病気ですが、基本的に人から感染する病気ではありません。
膣内では、デーデルライン乳酸桿菌と呼ばれる乳酸菌の一種の働きにより酸性に保たれており、そのお陰で様々な悪玉菌の繁殖・増殖が防がれています。
体調を崩したりホルモンバランスを崩したりすると自浄作用が低下し、様々な常在菌(大腸菌、ブドウ球菌、連鎖球菌)などが繁殖しやすくなります。
それにより発症した状態を、細菌性膣症といいます。
※膣ガルドネラ菌など

    細菌性膣症の主な感染経路

    乳酸菌の浄化作用の低下による一般細菌の増殖

  • 体調の悪化
  • 生理や妊娠によるホルモンバランスの悪化

細菌性膣症(細菌性膣炎)の検査方法

膣の分泌液を採取して検査を行います。
病院での検査は、設備により検査精度が異なりますが、性病検査キットの検査所は最新機器を導入していることが多く、より高い精度の検査を行うことができます。
病院の場合は、結果がでてすぐに処方箋を出してもらうこともできるので、自覚症状が激しい場合は病院で検査を行い、心配な程度であれば性病検査キットのほうが人に合う心配もないためオススメできます。
性病検査キットの一覧を見る

細菌性膣症(細菌性膣炎)の治療方法

病院へ行き最適な処方箋を出してもらい治療します。

  • 膣錠の服用
  • クリーム剤の膣内への塗布
  • 錠剤の内服治療

代表的な薬

  • フラジール膣錠
  • クロマイ膣錠
  • ハイセチン膣錠

[cc id=1531 title="さくら検査研究所"]


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 性病STDナビ|初期症状や確認方法などに役立つ総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.