軟性下疳の症状/感染経路/検査/治療方法

Haemophilus ducreyi

軟性下疳(なんせいげかん)とは?

軟性下疳(なんせいげかん)は、世界的にも感染者が少なく、日本ではあまり感染の危険性がない性感染症です。
東南アジア、アフリカ、南米などで見られ、感染するとすれば海外がきっかけとなります。

軟性下疳菌という原因菌に感染することで発症し、性器に発疹や潰瘍などの症状がでます。
非常に強い痛みを伴い出血するほか、進行するとリンパ節にも化膿などの症状をもたらします。
軟性下疳に感染すると、HIVにも感染しやすくなると言われており、非常に危険な性病の一つです。

軟性下疳の症状

性別男性女性
主な症状亀頭周辺に潰瘍性のコブができ、つぶすと出血と痛みをともなう。外陰部に潰瘍性のコブができ、つぶすと出血と痛みをともなう。
潜伏期間1日~1週間1日~1週間

男性の軟性下疳の症状

男性器の亀頭周辺にコブができ、潰すと潰瘍となります。
また、強い痛みと出血を生じ、進行するとリンパ節に大きな腫れや化膿などの症状がでます。

女性の軟性下疳の症状

女性器の外陰部周辺にコブができ、潰すと潰瘍となります。
また、強い痛みと出血を生じ、進行するとリンパ節に大きな腫れや化膿などの症状がでます。

軟性下疳の症状を写真で見る

男性の軟性下疳の写真

Google 画像検索
性の健康管理教室

女性の軟性下疳の写真

Google 画像検索

男性・女性の軟性下疳の写真

CLUB "TOM CATS"

軟性下疳の感染経路

口腔での感染もあると言われ、セックス、オーラルセックス、アナルセックスなどで感染する恐れがあります。

    軟性下疳の主な感染経路

  • セックス(膣内性交)による感染
  • オーラルセックス(口腔性交)による感染
  • アナルセックスによる感染

軟性下疳の検査方法

潜伏期間は難しいですが、症状がでれば特徴的な性病のため検査することは可能です。
病院などで診察してもらうことで感染の確認が可能です。
性病検査キットの一覧を見る

軟性下疳の治療方法

病院へ行き最適な処方箋を出してもらい治療します。

  • 軟膏薬の塗布
  • 錠剤の内服治療

代表的な薬

[cc id=1531 title="さくら検査研究所"]


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 性病STDナビ|初期症状や確認方法などに役立つ総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.