A型肝炎の症状/感染経路/検査/治療方法

Hepatitis A

A型肝炎とは?

A型肝炎とは、A型肝炎ウイルス(HAV)によって感染する感染症の一つです。
感染力が強く、衛生環境が悪い地域では、水道水や食べ物を介して集団発生するケースもあります。
日本国内では春先に感染者が多く出ますが、その原因はまだ解明されていません。

A型肝炎の症状

A型肝炎は、男性・女性ともに同様の症状がでます。
子供が感染した場合、さほど強い症状は出ないのですが、成人の感染者は白目の部分が黄色くなる黄疸が発生するほか、便が灰色になる、風邪に似た症状(発熱、下痢、腹痛、吐き気・嘔吐、倦怠感)を生じます。
高齢者のほうが重度の症状が出るケースが多いのですが、日本国内の60歳以上の人はすでに免疫抗体を持っている方がほとんどです。

また、合併症を起こす場合もあり、急性腎不全、心筋障害などにつながるリスクもあります。

A型肝炎の感染経路

A型感染ウイルスの侵入経路は口で、水や食べ物(魚介類や野菜類)に含まれた形で体内に侵入します。
消化器官にて消化された後、血液中にのって肝臓に到着し発症します。

肝臓でウイルスは増殖を続け、血液や胆汁を介して体内や十二指腸へと広がっていきます。
十二指腸へ広がったウイルスは、便に含まれる形で体外に放出されます。

便として放出される際に、肛門周辺にウイルスが残るため、リミング(アナルを舐める行為)やアナルを触った手で食べ物を食べたりすることで感染が広がル場合もあります。

日本では牡蠣による感染も多く、輸入野菜などでも感染した報告例が残っています。

    A型肝炎の主な感染経路

  • 水や食べ物からの感染
  • リミング(アナルを舐める行為)

A型肝炎の検査方法

症状が出ていない場合は、ウイルスの発見が難しく、症状が出ている時に血液を採取し、血液中にA型肝炎ウイルスが含まれているかどうかの検査を行います。
性病検査キットの一覧を見る

A型肝炎の治療方法

特効薬が存在していないため、安静治療にて様子を見ます。
[cc id=1531 title="さくら検査研究所"]


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 性病STDナビ|初期症状や確認方法などに役立つ総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.