C型肝炎の症状/感染経路/検査/治療方法

hepatitis-c

C型肝炎とは?

C型肝炎とは、C型肝炎ウイルス(HCV)によって感染する感染症の一つです。
日本国内では200万人もの感染者がいると考えられており、世界で見ると1億7000万人がC型肝炎ウイルスに感染していると言われています。
また、感染しても30%~40%の人が自覚症状に気づかないと言われています。

C型肝炎の症状

自覚症状が出ない場合もありますが、感染から2~3ヶ月で急性肝炎の症状が発生します。
また、体のだるさ(倦怠感)、風邪に似た症状(食欲不振、発熱、吐き気)、黄疸(白目の部分が黄色くなる)などの症状も見られます。
A型肝炎B型肝炎のように劇症肝炎を起こすのは稀です。

30%くらいの人は、体内の免疫の働きによりC型肝炎ウイルスを排除しますが、70%の人は持続感染と呼ばれる状態が続きます。
感染から5年~10年位すると、肝硬変や肝臓がんなどに発展してしまいます。

現在の肝臓がんの死亡患者の70%は、C型肝炎ウイルスが関わっているとも言われています。

C型肝炎の感染経路

ほとんどが血液感染と言われており、性行為で感染するのは稀です。
過去には予防注射などでの注射針の使い回しで大量感染したほか、血液製剤での感染も記録されています。

    C型肝炎の主な感染経路

  • 血液感染(刺青・タトゥー・薬物などの注射針の使い回し、輸血、血液製剤など)
  • 性行為(セックス、オーラルセックス、アナルセックス)
  • 母子感染

C型肝炎の検査方法

血液を採取し、血液中にC型肝炎ウイルスが含まれているかどうかの検査を行います。
性病検査キットの一覧を見る

C型肝炎の治療方法

治療方法はウイルスのserotypeによって変わってきますが、大きくは抗ウイルス療法と肝庇護療法に分類されます。

抗ウイルス療法

  • インターフェロン療法
  • 直接作用型抗ウイルス薬
  • 血液浄化療法

肝庇護療法

抗ウイルス療法とは別に、肝障害の正常化を図るためにグリチルリチンやウルソデオキシコール酸を用いる治療方法になります。
[cc id=1531 title="さくら検査研究所"]


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 性病STDナビ|初期症状や確認方法などに役立つ総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.