ケジラミ症の症状/感染経路/検査/治療方法

ケジラミ症(Pthirus pubis)

ケジラミ症とは?

ケジラミ症とは、ケジラミ(毛虱)という1mm~2mmの吸血昆虫に寄生されることで発症する性感染症です。
陰毛や肛門周辺の毛に寄生するため、毛が接触する性行為で感染しますが、稀にタオルやお風呂などでも感染することがあります。
寄生されると非常に強い痒みを感じ、駆除するまで続きます。
全長が1mm前後と非常に小さいため、フケやゴミなどと勘違いされやすく、症状が出るまで気づきにくい特徴があります。

ケジラミについて

ケジラミの全長は1mm前後と非常に小さいですが、れっきとした昆虫の仲間です。
人間しか寄主としないため、犬やネコなどに寄生することもできません。
成虫の寿命は1ヶ月程度と短いですが、メス1匹が死ぬまでに30個前後の卵を産むため、非常に早く増えていきます。
普段は毛の根元にしがみついて血を吸っているだけでわかりにくく、毛が無い場所ではほとんど動けず、最大でも1日10cm程度しか移動できないと言われています。
ほとんど毛と毛をまたいで移動するため、毛が多い人だと性器周辺だけではなく、ほかの体毛に寄生する恐れもあります。
基本的には白色に近いですが、血を吸うことで茶色から黒のような色に変わります。

ケジラミの仲間

  • アタマジラミ
    子どもたちに集団発生するのが非常に有名です。戦後にはDDTと呼ばれる殺虫剤にて大量に除去された経緯もあります。
  • コロモジラミ
    衣類などに生息するシラミで、日本ではあまり馴染みがない昆虫です。ほかのシラミと違い、チフスなどの媒介者となる場合もあります。

人間に寄生するシラミは、ケジラミ以外にも上記のような種類があります。

ケジラミ症の症状

ケジラミ症に感染すると、1ヶ月ほどで男女問わず同様の症状がでます。
主に性器周辺の陰毛に激しい痒みを感じますが、肛門周辺の毛、ワキ毛、胸毛、腕毛、足毛、まつ毛など、全身の毛に住みつくこともあります。
成虫は1ヶ月程度の寿命ですが、メスは死ぬまでに30~40個前後の卵を毛根に産みつけます。
繁殖力が強いため寄生する数が増えることで、より症状も悪化していきます。
ケジラミは、毛の周辺の血を吸い患部から出血するため、白いパンツなどには血がつくケースもあります。

ケジラミ症の症状を写真で見る

男性のケジラミ症の写真

Google 画像検索

女性のケジラミ症の写真

Google 画像検索

男性・女性のケジラミ症の写真

性の健康管理教室

ケジラミ症の感染経路

ケジラミに感染している患者とセックスすることで高確率で感染してしまいます。
感染初期はあまり症状がでませんが、産みつけた卵がかえる1か月後くらいからしっかりとした症状が出始めます。
また、ケジラミ自体は人間の体から離れると48時間程度に死んでしまいますが、その間にタオルやお風呂などで感染が広がる場合もあります。

    ケジラミ症の主な感染経路

  • セックスによる感染
  • 感染部位の毛と毛の接触
  • タオルやお風呂

ケジラミ症の検査方法

ケジラミは非常にわかりやすい性感染症の一つです。
見た目にもわかる虫がいることと、あくまで毛の周辺にしか症状が出ず、性器に症状がでることもありません。

性病検査キットの一覧を見る

ケジラミ症の治療方法

一般的に、スミスリンシャンプーやスミスリンパウダーにて駆除を行います。
スミスリンシャンプーを1~2週間使うことで、完全に除去できると言われています。
また、剃毛が一番簡単な方法で、ケジラミの住処を剃り落としてしまうことで、一網打尽にすることができます。

  • 剃毛(感染部位の毛を剃り落とす)
  • スミスリンシャンプー、スミスリンパウダーの使用

[cc id=1531 title="さくら検査研究所"]


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 性病STDナビ|初期症状や確認方法などに役立つ総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.