膣トリコモナス症の症状/感染経路/検査/治療方法

trichomoniasis

膣トリコモナス症とは?

膣トリコモナス症とは、トリコモナスという原生生物が性器に入り込むことで感染する性感染症です。原虫という表現もされます。
トリコモナスは、性器以外にも大腸などにも寄生することがあり、その場合は腸トリコモナス症として分類されます。
主に性器に炎症などを起こす性病で、原因が原虫ということもあり、性行為のみでなく風呂などで感染するリスクもあります。

膣トリコモナス症の症状

男性の場合はあまり症状がでず、女性にはしっかりとした症状が現れます。
また、性器のみでなく、性器からさらに奥の患部へと広がる場合もあります。

性別男性女性
主な症状自覚症状は出にくいが、まれに性器の炎症や尿道から膿がでたりします。性器や外陰部に痒み、排尿痛、オリモノが泡立ったりします。また感染が進むと、膣の炎症、子宮頸管炎、尿道炎などを引き起こします。
潜伏期間10日前後10日前後

男性の膣トリコモナス症の症状

男性にトリコモナスの症状がでるのは稀です。
人により、性器や尿道に炎症を起こしたり、尿道から膿が出たりします。

女性の膣トリコモナス症の症状

性器や外陰部に強い痒みや痛みが発生します。
また、排尿痛やオリモノが泡立つなどの症状も出ます。
観戦が進むことにより、膣炎、子宮頸管炎、尿道炎などの病気も引き起こします。

トリコモナスの症状を写真で見る

トリコモナスの写真・画像はこちら

膣トリコモナス症の感染経路

トリコモナスは乾燥に非常に弱い原虫ですが、逆に水中では非常に強いため感染しやすくなります。
性行為が主な感染経路になりますが、下着やタオルの使い回し、お風呂などでも感染するケースがあります。
また、出産時の母子感染なども可能性があります。

    膣トリコモナス症の主な感染経路

  • セックス(膣内性交)による感染
  • 下着やタオルなどの使い回し
  • 便座やお風呂などの水まわり
  • 出産時の母子感染

膣トリコモナス症の検査方法

男性の場合は尿道から出てきた膿を採取して検査、女性の場合は膣の粘膜か分泌液を採取して検査を行います。
ピンポン感染が非常に多い性病であり(男性が媒介者の役割を果たす)、カップルの場合は、ペアで検査を行うことが望ましいです。
病院での検査は、設備により検査精度が異なりますが、性病検査キットの検査所は最新機器を導入していることが多く、より高い精度の検査を行うことができます。
病院の場合は、結果がでてすぐに処方箋を出してもらうこともできるので、自覚症状が激しい場合は病院で検査を行い、心配な程度であれば性病検査キットのほうが人に合う心配もないためオススメできます。
性病検査キットの一覧を見る

膣トリコモナス症の治療方法

  • 膣座薬の服用
  • 錠剤の内服治療

一般的には内服治療が主流となっています。

代表的な薬

  • フラジール内服錠

[cc id=1531 title="さくら検査研究所"]


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 性病STDナビ|初期症状や確認方法などに役立つ総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.