非クラミジア性非淋菌性尿道炎の症状/感染経路/検査/治療方法

urinary tract infection

非クラミジア性非淋菌性尿道炎とは?

非クラミジア性非淋菌性尿道炎とは、その名の通り尿道炎の中で原因の大半を占めている、淋菌とクラミジア以外の原因によって起こる尿道炎のことを言います。
原因の大半は、マイコプラズマ、ウレアプラズマ、ブドウ球菌と言われていますが、それ以外が原因の場合もあります。
性器クラミジア感染症に似た症状がでるためよく間違われることもあります。

非淋菌性非クラミジア性尿道炎や、雑菌性尿道炎などと呼ばれる場合もあります。

非クラミジア性非淋菌性尿道炎の症状

基本的には、尿道からの膿、排尿時の痛み、性器のかゆみ等、クラミジアと同様の症状がでます。
放置しておくと症状が進み、精巣上体炎、副睾丸炎、前立腺炎などの病気を引き起こすこともあります。

性別男性女性
主な症状尿道からの膿、排尿時の痛み、性器のかゆみ等尿道からの膿、排尿時の痛み、性器のかゆみ等
潜伏期間1週間~1ヶ月1週間~1ヶ月

非クラミジア性非淋菌性尿道炎の感染経路

基本的には性行為(セックス、オーラルセックス)によって感染します。
原因菌によっては常在菌の可能性もあり、その場合は体調不良による免疫力の低下などが原因となる場合もあります。

    非クラミジア性非淋菌性尿道炎の主な感染経路

  • セックスによる感染
  • オーラルセックス
  • 免疫力の低下

非クラミジア性非淋菌性尿道炎の検査方法

淋病性器クラミジア感染症と同様に、尿に含まれる細菌や微生物を検査します。
性病検査キットの一覧を見る

非クラミジア性非淋菌性尿道炎の治療方法

ほとんどが抗生剤の内服治療によって治療を行います。

  • 抗生物質の服用

非クラミジア性非淋菌性尿道炎の薬

  • ミノマイシン
  • ビブラマイシン
  • クラリス
  • クラリシッド

[cc id=1531 title="さくら検査研究所"]


comment

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です

このサイトはスパムを低減するために Akismet を使っています。コメントデータの処理方法の詳細はこちらをご覧ください

Copyright© 性病STDナビ|初期症状や確認方法などに役立つ総合情報サイト , 2020 All Rights Reserved Powered by AFFINGER5.